FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ビーロボカブタック
02kabu.jpg

今回はビーロボカブタックについて書きたいと思います。ビーロボカブタックは、1997年(平成9年)2月から1998年(平成10年)3月までテレビ朝日系列で放送された「メタルヒーローシリーズ」の第16作目です。

内容
1994年に謎の物体「スターピース」を発見したロボット工学者である高円寺寅彦博士は、3年後のスターピースの力が最も高まる時に備えて、スターピース探索のために「ビーロボ」を開発し、姿を消した。それから3年、寅彦博士の孫である高円寺譲少年のもとに突然現れたビーロボ「カブタック」が現れ、自分の使命は、スターピースなる謎の物体を探し出すことだと言う。スターピースは12星座に蛇使い座を含めた、13星座に沿って13個存在し、あらゆる願いを叶えると共に、その全てを集めると素敵なことが起きると言われている。それから譲の友人や悪者になってしまったビーロボたちも巻き込み、スターピースの争奪戦が始まるのだった。

01kabu.jpg

主題歌
オープニングとエンディングともにボーカルは劇中でカブタックの声を担当した草尾毅さんが務めました。オープニングは韻を踏んだとてもコミカルな歌で、作風どおりの「メタルヒーローシリーズ」にはそれまで無かったタイプの主題歌でした。

オープニングhttp://www.youtube.com/watch?v=_nfKMAJdDw8&feature=related

エンディングはyoutubeにはありませんでした。


ビーロボカブタックはそれまでの「メタルヒーローシリーズ」とは打って変わってのコメディー路線へ路線変更をした作品として知られます。この路線は次の作品である「テツワン探偵ロボタック」にも受け継がれました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック