fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
史上初の記録のおまけつき―マッドクールが「高松宮記念」を制覇
3月24日、G1「高松宮記念」が行われ、坂井瑠星騎手騎乗のマッドクールが勝利しました。

マッドクールにとってはこれがG1初制覇で、
馬主であるサンデーレーシングにとっては
この勝利で史上初となる障害を含むJRA・GⅠ26レース完全制覇を果たしました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

3月24日の中京11Rで行われた第54回高松宮記念
(4歳以上オープン、GI、芝1200メートル、
定量、18頭立て、1着賞金=1億7000万円)は、
坂井瑠星騎手の6番人気マッドクール(牡5歳、栗東・池添学厩舎)が
好位のインをロスなく追走すると、直線で馬場の内から力強く抜け出し、
ナムラクレア(2番人気)の猛追をアタマ差振り切ってゴール。
3度目のGⅠ挑戦で重賞初勝利を決め、春のスプリント王に輝いた。
馬主のサンデーレーシングは
史上初となる障害を含むJRA・GⅠ26レース完全制覇。
タイムは1分8秒9(重)。

2着からさらに3馬身遅れた3着に香港馬ビクターザウィナー(5番人気)が入り、
1番人気のルガルは10着に敗れた。

高松宮記念を勝ったマッドクールは、
父Dark Angel、母Mad About You、母の父Indian Ridgeという血統。
愛・Moyglare Stud Farm Ltdの生産馬で、
馬主は(有)サンデーレーシング。
通算成績は12戦6勝(うち海外1戦0勝)。
重賞は初勝利。
池添学調教師、坂井瑠星騎手ともに高松宮記念は初勝利。



史上初の記録を達成したサンデーレーシングは本当に凄いです。

サンデーレーシングが
これまで日本の競馬界をリードしてきたことは間違いありません。

追撃する存在は多くいるわけですが、
それでも今後もサンデーレーシングが
日本競馬界を引っ張り続けていくことは間違いないでしょう。



週刊Gallop(ギャロップ) 2024年3月24日号 (2024-03-19) [雑誌]

週刊Gallop(ギャロップ) 2024年3月17日号 (2024-03-12) [雑誌]
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック