fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
当然の裁定ー日本代表の北朝鮮戦、3-0不戦勝が正式決定
北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の第4節・北朝鮮戦が、
日本代表の3-0での不戦勝となることが決定しました。


このことに関する記事が『FOOTBALL ZONE』に掲載されていたので以下で紹介します。

JFAが公式リリース

日本サッカー協会(JFA)は3月30日、
中止になった26日の北中米ワールドカップ(W杯)
アジア2次予選の第4節・北朝鮮について、
試合の扱いを正式発表した。
国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会より
北朝鮮側の一方的な自国開催返上を受け、
没収試合で日本の3-0不戦勝となる決定が通知されたとしている。
この結果日本は、W杯2次予選2試合を残して最終予選進出が決まった。

日本は21日に行われたホーム開催の北朝鮮戦を1-0で勝利。
当初は26日に平壌でリターンマッチを戦う予定だったが、
北朝鮮側の意向から同国での実施は白紙に。
3月のFIFA(国際サッカー連盟)デイズ(18日~26日)で
中立国を含めた試合開催が困難になったため、試合は中止になった

同試合の扱いはFIFAの判断に委ねられたなか、
23日に公式サイト上で「この試合の開催および日程変更はない」と発表。
没収試合扱いが正式に決まり、日本の3-0不戦勝となった。
この結果、日本は6月にミャンマー戦(6日/アウェー)、
シリア戦(11日/ホーム)を残すものの、
4連勝で最終予選進出が決まった。

■日本サッカー協会 宮本恒靖会長コメント
3月26日に平壤で試合が行われなかったことについて、
日本時間の本日未明にFIFA規律委員会の決定内容を受け取りました。
この試合の取り扱いに関する
ステイタスが更新されたことは良かったと思います。
ワールドカップ予選突破に向けて、
森保監督やスタッフ、選手たちには
引き続き良い準備をして試合に臨んで欲しいですし、
JFAとしてもしっかりとサポートをしていきます。

■森保一監督コメント
没収試合で日本の勝利という結果の通知を聞きました。
選手たちの大切な出場機会が失われたことに変わりありませんが、
一つ前に進んだとポジティブに捉えています。
当然この結果に満足することなく、
6月の代表活動、最終予選、ワールドカップ本番へと
力を積み上げていきたいと思います。



今回の不戦勝は当然の裁定であったと言えます。

比較的早くこの裁定が出たことをポジティブに受け止め、
次なるラウンドに向けて準備を進めて欲しいと思います。



日本サッカー協会(JFA) 四国団扇 2024年 卓上 サッカー日本代表 カレンダー CL-581 卓上 13×20

サッカー日本代表オフィシャルライセンスグッズ リボンマグネット(RibbonMagnet)ユニフォーム 2022
スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック