fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
外国人ジョッキーのパイオニア―オリビエ・ペリエが引退へ
日本でも活躍したオリビエ・ペリエ騎手が現役を引退するそうです。


このことに関する記事が『スポニチ』に掲載されていたので以下で紹介します。

世界的名手で日本でもおなじみのオリビエ・ペリエ(51=フランス)が
25日の騎乗をもって現役を引退すると、
英競馬メディア・レーシングポスト電子版が伝えている。
25日は仏南西部のラ・テスト競馬場で2鞍に騎乗する。

ペリエは凱旋門賞3連覇(96~98年)を含む4勝の実績。
フランスでは4度の平地リーディングジョッキーに輝いた。
日本でもJRAで379勝、重賞39勝を挙げた。
02年と03年にシンボリクリスエス、
04年はゼンノロブロイで有馬記念3連覇した経験を持ち、
01年ジャングルポケットと04年ゼンノロブロイでジャパンCを制した。

短期免許を取得して日本で騎乗する外国人騎手のパイオニアとして、
日本と海外の架け橋となった。



記事にもあるよう、
まさに日本で騎乗する外国人騎手のパイオニアでした。

シンボリクリスエスが勝利した「有馬記念」は自分の記憶に強く残っています。

近年は来日して騎乗することはなくなっていましたが、
それでもペリエ騎手を特別な存在と捉えている日本の競馬ファンは多いでしょう。

引退は残念ですが、引退後にどのような進路をとるのかが気になるところですね。



武豊Xオリビエ・ペリエ 勝つには理由がある (小学館文庫)

野望あり[マス]
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック