fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
嬉しいG1初勝利ーテーオーロイヤルが「天皇賞・春」制覇
4月28日、G1「天皇賞・春」が行われ、
菱田裕二騎手騎乗のテーオーロイヤルが勝利しました。


このことに関する記事が『スポニチ』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇G1天皇賞・春(2024年4月28日 京都芝3200メートル)

天皇賞・春は1番人気テーオーロイヤル(牡6=岡田)が制し、
G1初制覇を飾った。

テーオーロイヤルは父リオンディーズ、
母メイショウオウヒ(母の父マンハッタンカフェ)の血統で
通算18戦8勝。
重賞は3連勝で通算4勝目となった。

騎乗した菱田、岡田師ともにJRA・G1初勝利を挙げた。
菱田は
「今まで生きてきて一番、うれしい。
後ろは分からないので一生懸命追っていた。
長いブランクがあってしんどかったと思うけど、成長してくれて。
凄い馬だと思う」と胸を張った。

▼天皇賞・春 
1905年創設の「エンペラーズカップ」が前身。
37年に春秋2回開催の「帝室御賞典競走」となって、
秋に第1回を東京で施行した。
47年秋に「天皇賞」に改称された。



馬、騎手、調教師、
それぞれがG1初勝利という大きな嬉しさに包まれた勝利となりました。

菱田騎手の「今まで生きてきて一番、うれしい。」という
勝利後のコメントが素晴らしいですね。

心からの喜びが伝わってきます。



週刊Gallop(ギャロップ) 2024年4月21日号 (2024-04-16) [雑誌]

週刊Gallop(ギャロップ)2024年5月5日号
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック