fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
さぁパリへ行くぞ!―U-23日本代表が決勝進出と8大会連続での五輪出場を決める
サッカー・U-23日本代表が8大会連続となる五輪出場を決めました。


このことに関する記事が『DAZN News』に掲載されていた以下で紹介します。

U-23日本代表は29日、
AFC U23アジアカップの準決勝でU-23イラク代表と対戦。
前半に細谷真大と荒木遼太郎のゴールで点差を広げると、
そのリードを守り切り2-0で勝利した日本が、
決勝への進出とともに8大会連続の五輪出場を決めた。

パリ五輪予選を兼ねるAFC U23アジア杯に挑む日本は、
準決勝でイラクと対戦した。

この試合に勝てばパリ五輪の出場権を手にすることになる日本は、
準々決勝のカタール戦から先発を2枚変更。
GKに小久保玲央ブライアンを据え、
最終ラインは右から関根大輝、木村誠二、高井幸大、大畑歩夢を起用し、
中盤には荒木遼太郎、藤田譲瑠チマ、松木玖生を並べた。
右のワイドには山田楓喜、左のワイドに平河悠を配置し、
最前線には細谷真大が名を連ねた。

試合は序盤から拮抗した展開で推移した中、
先に試合を動かしたのは日本だ。
28分、細谷が前線で見事な動き出しをすると、
そこに藤田が浮き玉のパスを通すことに成功。
完全に背後を取ると、
細谷がプレスバックしにきた守備をうまく切り返してかわし、
右足のシュートをゴール右へ流し込んだ。

これでリードを奪った日本が優位に試合を進めると、
42分には大畑が粘ったところから藤田→荒木とつなぎ、
最後は荒木がGKを見ながら
冷静にゴール右へと決めてリードを2点に広げた。

後半は互いにチャンスを作り出すも、なかなか決め切れない時間が続く。
66分には平河の仕掛けから最後は細谷がヘディングシュートを狙ったが、
これは右のポストに阻まれた。
逆に74分にはピンチを招くも、
相手のシュートに対して高井が体を張り、こちらもゴールとはならなかった。

終盤はイラクが得点を奪うために前に重心を傾ける中、
日本はうまくスペースを突きながら攻撃。
得点は生まれなかったが、
そのまま逃げ切り、日本が2-0で勝利を手にした。
この結果、日本の8大会連続での五輪出場が決まった。



見事な試合を見せてくれました。

このメンバーにさらに久保建英選手やオーバーエイジ枠で3名が加わることを考えると、
パリ五輪が本当に楽しみなってきます。

メキシコ五輪以来となる悲願のメダル獲得を果たすための視界は良好です。



Number(ナンバー)985号「久保建英18歳の冒険。Rising to a Real Star」

おれ、バルサに入る!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック