fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
止まらない男の凄さ―大谷翔平、6戦ぶり12号アーチを放つ
5月15日、ドジャースの大谷翔平選手がジャイアンツ戦に出場し、
リーグトップタイとなる12号アーチを放ちました。


このことに関する記事が『Full-Count』に掲載されていた以下で紹介します。

■ジャイアンツ ー ドジャース(日本時間15日・サンフランシスコ)

ドジャース・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、
敵地でのジャイアンツ戦に「2番・指名打者」で出場。
0-0の4回先頭で、初球を右翼席へ運んだ。
自身6試合ぶりの先制12号ソロで、
リーグトップのマルセル・オズナ外野手(ブレーブス)に並んだ。

鮮やかなアーチを描いた。
自身6試合ぶりの12号に敵地も騒然。
右翼席最後方まで飛ばし、スタンドのファンを絶叫させた。
打球速度113.4マイル(約182.5キロ)、
飛距離446フィート(約135.9メートル)の“特大弾”だった。

12日(同13日)の敵地・パドレス戦は腰の張りで欠場していたが、
前日13日(同14日)に2試合ぶりに復帰。
初回無死の第1打席では初球を打って右前打を記録し、
5回には俊足を生かして適時内野安打を放つなど、
5打数2安打1打点の活躍を見せた。

試合前の時点で5月は10試合に出場して打率.395(38打数15安打)、
4本塁打、9打点、4盗塁と、今月も進撃が続いている状態だ。

大谷は11日(同12日)の敵地・パドレス戦前に腰に張りを感じたという。
同日は「2番・指名打者」で出場していたが、
無安打で迎えた9回の第5打席で代打を送られ途中交代。
12日(同13日)は欠場していた。



腰の張りによる欠場から復帰して2試合目で本塁打を放つ、
これが大谷翔平です。

何があっても止まらない男の凄さですね。



大谷翔平 CL-552 2024年卓上カレンダー

不可能を可能にする 大谷翔平120の思考
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック