FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯839 白鳥のひぃちゃん
idoling17.jpg

今回は、♯839の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は『恥ミントン』でした。

♯837、♯838と続けて放送された、メンバー自身で「恥ゲーム」(罰ゲーム)を考案する企画を受けて、
♯838の後半部分から放送され始めた『恥ミントン』の企画ですが、
相変わらずのアイドルの常識を超えた「恥ゲーム」の数々には驚かされました。

今回はメンバー自身が考えた「恥ゲーム」も取り入れられ、よりエグさを増した「恥ゲーム」も多く登場しました。
その一つが「肌色全身タイツにブーメランパンツ」でしょう。

この「恥ゲーム」のまず餌食となったのが、せりな&祐奈のBOXコンビでした。
ただここの二人に関しては赤タイツを着ると元気になるせりなというイメージがあるように、
「肌色全身タイツにブーメランパンツ」という状況になって、より動きのキレが増したように感じましたね。
むしろこの後にこの「恥ゲーム」の餌食となったうめこの方が恥ずかしがっていた感があります。

そして最後のあたりに登場した「恥ゲーム」が、
「肌色全身タイツに貝ブラ&白鳥」という、これまでキツイとされてきた「恥ゲーム」全部乗せでした。

この「恥ゲーム」の餌食となったのが、これまでこういうことに無縁と思われたひぃちゃんだったのです。

しかしそこはひぃちゃんです。
通常ならばこの「恥ゲーム」の姿で登場すれば大抵は悲惨なことになってしまいますが、
「肌色全身タイツに貝ブラ&白鳥」の姿で登場してすぐに升野さんの口から出た言葉が「品がある」でした。
これには会場全体も「品がある」ということに納得といった雰囲気でした。

ただ、そんな升野さんと観客の反応に朝日&大川の「白鳥コンビ」が怒っていて、その二人の姿がかわいらしくて面白かったです。

それにしても、こんな姿にもかかわらず「品がある」というのはアイドリング!!!の中でもひぃちゃんしかいないでしょう。さすがです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック