FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「歩きつづけるかぎり / DO RORO DERODERO ON DO RORO」 怒髪天
歩きつづけるかぎり/DO RORO DERODERO ON DO RORO歩きつづけるかぎり/DO RORO DERODERO ON DO RORO
(2012/03/14)
怒髪天

商品詳細を見る

今回は2012年の3月14日に発売された、怒髪天のシングル「歩きつづけるかぎり / DO RORO DERODERO ON DO RORO」について書きたいと思います。まずは怒髪天のことについて書いていきたいと思います。


怒髪天について
怒髪天は、ボーカル担当の増子直純さん、ギター担当の上原子友康さん、ベース担当の清水泰次さん、ドラム担当の坂詰克彦さんの4人によるバンドです。1984年に結成され、メンバー全員が北海道の出身という特徴をもっています。1991年に日本クラウンよりメジャーデビューをしますが、その後1996年に活動を一時休止することとなります。1999年にインディーズに戻り活動を再開し、2004年にテイチクエンタテインメントより再メジャーデビューを果たしました。怒髪天は、上記のような異色の経歴や自らの音楽を「JAPANESE R&E(リズム&演歌)」と称することなどからわかるように、日本のロック界でも異質な存在感を持つバンドです。


「歩きつづけるかぎり / DO RORO DERODERO ON DO RORO」
「歩きつづけるかぎり / DO RORO DERODERO ON DO RORO」は、怒髪天にとってメジャーとインディーズ時代を含めて通算15枚目となるシングルです。

「歩きつづけるかぎり」のミュージックビデオには、リリーフランキーや杉作J太郎などの怒髪天と親交のある人たちが登場します。この「歩きつづけるかぎり」のミュージックビデオで見ていると、歌にも当然感動させられますが、ミュージックビデオの集合写真を撮る場面で泣きそうになります。このシーンは、怒髪天が歩んできた平坦ではない道のりの末に、怒髪天というバンドが掴み取った現在の栄光という感じがして、何か引き付けられるんですよね。

このミュージックビデオでは、親交のある人たちへの感謝というものが描かれていると思います。怒髪天は、そういった感謝だったり人情みたいなことが日本一似合うロックバンドだと思います。そういった部分が人を引き付け、現在のブレークにつながっているのでしょうね。本当に怒髪天は憧れてしまうオヤジたちです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック