FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
テベ・コンヒーロ
ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)
(2010/12/01)
あやまんJAPAN

商品詳細を見る

今回は、6月12日に放送された『テベ・コンヒーロ』について書きたいと思います。

この回の企画は「トリオ対抗!街で顔を指されるまで帰れませんバスツアー」でした。

「トリオ対抗!街で顔を指されるまで帰れませんバスツアー」とは、
都内をバスで回りつつ、参加したタレントが街中で一般人に声をかけられたらクリア、という企画です。
今回はこの企画が一時間のSPで放送されました。


今回参加したトリオは以下の通りです。

ロバートチーム(馬場さん、秋山さん、山本さん)

我が家チーム(坪倉さん、杉山さん、谷田部さん)

安田大サーカスチーム(HIROさん、団長さん、クロちゃん)

新日本プロレスチーム(天山さん、中西さん、獣神サンダー・ライガーさん)

あやまんJAPANチーム(あやまん監督さん、ファンタジスタさくらださん、ルーキタエさん)

さらに今回はこれらのチームに加え、
番組からテベ・コンヒーロチーム(藤本さん、有吉さん、淳さん)が参戦しました。


『テベ・コンヒーロ』といえば3月に放送を終了をした『クイズ☆タレント名鑑』の後継番組ですが、
この「街で顔を指されるまで帰れませんバスツアー」も『クイズ☆タレント名鑑』の人気企画でした。

「街で顔を指されるまで帰れませんバスツアー」は、
タレントの悲喜こもごも、これがハッキリ見えるから面白いんですよね。

いつまでも街中で一般人に声をかけられないタレントに対しては、バスの中で悪口が飛びます。
今回も有吉さんと藤本さんがその役割をキッチリと果たしていましたね。
たとえば、獣神サンダー・ライガーさんに
「就寝サンダー・ライガー」や「変態サンダー・ライガー」と言っていました(笑)


街中で一般人になかなか声をかけられないタレントというのは悲惨です。
今回敗れたのは「あやまんJAPANチーム」だったのですが、最後まで残ったルーキタエさんのことは、
見た目で「あやまんJAPAN」だとわかっても、個人名は思い出せないというのが事実でしょう。
それがあまりにも如実にわかってしまうから、悲惨なのです。

エキシビジョンマッチとして参加したTBSアナウンサーの枡田絵理奈さんも悲惨でした。
番組では「マスパン」などと呼ばれ可愛がられて(からかわれて)いますが、
一般の人からは「AV女優?」と言われていました。
あまりにも悲惨です。

ただ、その悲惨さを視聴者側が、かわいそうと感じるのでは無く、面白いと感じることが出来るのは、
『テベ・コンヒーロ』のウマさであり、番組としての勝利といえるでしょう。
これからも『テベ・コンヒーロ』が面白い企画を生み出していくのは間違いなさそうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック