FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯934 AD植松vs森ディレクター
石垣アイドリング! ! ! グラビアアイドルのBlu-rayっぽくしてみましたング! ! ! 君といた夏石垣アイドリング! ! ! グラビアアイドルのBlu-rayっぽくしてみましたング! ! ! 君といた夏
(2012/11/21)
アイドリング! ! !

商品詳細を見る

今回は、♯934の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「緊急企画!AD植松の前に進むためにはどうしても決着を付けたいヤツがいる」でした。

「緊急企画!AD植松の前に進むためにはどうしても決着を付けたいヤツがいる」とは、
以前放送された
「緊急企画!河村唯の前に進むためにはどうしても決着を付けたいヤツがいる」のAD植松(ミスター)版です。

ミスターも河村唯(うめ子)と同様に森洋介ディレクターに因縁を持っているということで、
その因縁に決着をつけるべく、
今回はアイドリング!!!メンバーが「植松チーム」と「森チーム」に分かれて代理戦争を行ないました。


ミスターを森ディレクターの間に因縁が生まれたのは、ある一つの出来事がキッカケでした。

以前、ミスターが先輩と一緒に食事に行ったことがあったそうです。
その食事が終わり、ミスターがスタッフルームに帰ってみると、
ミスターはお気に入りの帽子が真っ二つにハサミで切られているのを発見しました。

その帽子を真っ二つにした人物こそが、森ディレクターだったのです。

森ディレクターは、ミスターが食事をしていた時に用事があり電話したそうなのですが、
ミスターが電話に出ずに大激怒、そして帽子を真っ二つにハサミで切ってしまったとのことでした。

森ディレクターの圧倒的な暴君ぶりが目立つこのエピソードに、メンバーはドン引きでしたね。


「植松チーム」と「森チーム」のチーム分けが発表された時、
「植松チーム」になったメンバーは喜び、「森チーム」になったメンバーは落ち込む、
というハッキリとしたアイドリング!!!メンバー内でのテンションが差が生まれていました。

もしこの代理戦争で自分のチームが敗れた場合、ブルマになる罰ゲームがあったため、
ミスターと森ディレクターの自分のチームを応援する声にも一段と力がこもりました。
特に森ディレクターはメンバーに、勝ったらお金をあげる、ということを言っていました。

そんな森ディレクターのニンジン作戦が功を奏したのか、
1回戦「大縄跳び対決」、2回戦「綱引き対決」と立て続けに「森チーム」が勝利をおさめたのです。

しかしそこは『アイドリング!!!』です。
最終戦の「古今東西リーダーの良いところ対決」で勝ったチームが、総合的な勝者となることに決まりました。

そして行なわれた「古今東西リーダーの良いところ対決」では、
「植松チーム」のメンバーからはミスターの良いところがスラスラ出てくるのに、
「森チーム」のメンバーからは森ディレクターの良いところがスラスラ出てきませんでした。

最終的には「森チーム」の石田佳蓮(佳蓮ちゃん)のところでアウトとなり、
「植松チーム」が勝利をしました。


今回の企画は、ミスターだけではなく、
「植松チーム」となったうめ子にとっても憂さ晴らしになったのではないでしょうか。

それにしても、森ディレクターはアイドリング!!!メンバー内での人気が無さ過ぎですね(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック