FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯937 尊敬する(?)先輩の似顔絵
アイドリング!!! 初だ!ツアーだ!!ZEPPング!!! specialコンテンツ 森田涼花・涙の卒業ライブ [Blu-ray]アイドリング!!! 初だ!ツアーだ!!ZEPPング!!! specialコンテンツ 森田涼花・涙の卒業ライブ [Blu-ray]
(2012/12/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

今回は、♯937の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「芸術の秋だから 憧れの先輩の似顔絵を描こうング!!!」でした。

「芸術の秋だから 憧れの先輩の似顔絵を描こうング!!!」とは、
アイドリング!!!の4期生と5期生のメンバーが
憧れている・尊敬しているという先輩メンバーの似顔絵を描くという企画です。


憧れている・尊敬している先輩メンバーの似顔絵を描くという内容だけを聞けば、
この企画はだいぶ落ち着いたものなのかなと思われるかもしれませんが、そこは『アイドリング!!!』です。
かなりパンチの効いた似顔絵がたくさん登場しました(笑)

最初に登場した玉川来夢(らむたん)が憧れている先輩は、
朝日奈央(あさひ)と菊地亜美(あみみ)という2期生の2人でした。
らむたんが描いたあさひの似顔絵は、なぜかあさひの鼻の形がハートマークになっていて、
似顔絵を見たあさひを驚かせていました。
あみみの似顔絵は結構可愛く描かれていて、あみみを喜ばせていましたが、
らむたんは似顔絵の横に書いたあみみの名前を「菊地亜実」と間違えていたのです。
これにはさすがのあみみもガッカリしていましたね(笑)

あと印象的だったのが、尾島知佳(おじま)の描いた三宅ひとみ(ひぃちゃん)の似顔絵ですね。
似顔絵そのものにも多少の悪意がありましたが、それよりも横に書いてある説明に書かれた
「透明感が溢れる眉毛」や「透明感溢れる存在感」などの言葉には大量の悪意が溢れていましたね(笑)
こういうことを書くと嫌な感じに聞こえますが、
逆にこういうことをサラッと書いてしまう所がおじまらしいという感じがして、
悪意を強く感じるというよりは言葉選びの秀逸さのほうを強く感じさせました。
そこがおじまの凄いところですよね。

ちょっと変り種で印象的だったのが、伊藤祐奈(ゆうな)の描いた遠藤舞(まいぷる)の似顔絵ですね。
ゆうなは、右手を腰に当て左手を挙げているという姿のまいぷるを描いていました。
この似顔絵のまいぷるの格好を見て升野さんは「ポール・マッカートニーが来日した時の格好じゃん」と発言し、
この升野さんのあまりに的確な表現に会場は大変な盛り上がりをみせました。
確かにそう言われると、あのまいぷるの格好は「ポール・マッカートニーの来日」にしか見えませんよね(笑)


このような似顔絵が続いたせいで、
先輩メンバーたちは「ほんとに尊敬してる?」と後輩メンバーの気持ちを疑っていましたが、
アイドリング!!!においてはこういう似顔絵を描いてこそ尊敬していると表現できるのだと思います。

いささかそれは他のアイドルグループに比べれば異常な感じがしますが、それがアイドリングの特色です。
これからもアイドリング!!!には、この特色(オリジナリティ)を突き詰めていって欲しいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック