FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯949 タイミングが良すぎるトラブル
野元 愛 Manaty KISS [DVD]野元 愛 Manaty KISS [DVD]
(2011/01/19)
野元愛

商品詳細を見る

今回は、♯949の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

「SISTER」

自己紹介

「ベタな失恋〜渋谷に降る雪〜」

「StarGirl★StarBoy」

「MAMORE!!!」

「「職業:アイドル。」」


今回の「ニコはちライブ」の自己紹介では、「隣りのメンバーのうらやましいところ」というお題で、
この日に参加したメンバーで整列した時に隣にいたメンバーの「うらやましいところ」を言い合っていました。

この自己紹介のコーナーは賑やかに進んでいたのですが、
野元愛(マナミーゼ)の自己紹介のときにとんでもないトラブルが発生しました。

マナミーゼは隣にいた高橋胡桃(くるみん)の「うらやましいところ」を言っていました。
その時にマナミーゼは観客席に顔を向けていたのですが、
このタイミングでマナミーゼの腕を触って来る1人のメンバーがいました。
マナミーゼは、その触ってきたメンバーを右隣にいた倉田瑠夏(るかちゃん)だと思って、
そのメンバーに対して「腕を触んなや!」と結構きつめに発言しました。
しかしそのメンバーは瑠夏ちゃんではなく、なんと三宅ひとみ(ひぃちゃん)だったのです。

それに気付いたマナミーゼはすぐに全力で謝っていましたが、
メンバーや観客からは「マナミーゼやっちゃったな」という雰囲気が漂いました。
そのなかには、マナミーゼが消される、という物騒な憶測も混じっていたのですが、
この憶測にゾクッとしてしまったのは自分だけではなかったはずです(笑)
なぜならば、この「ニコはちライブ」が放送された日は、マナミーゼが卒業を発表した日だったのです。

もちろん今回の「ニコはちライブ」が開催されたのはだいぶ前のことですが、
しかしこのタイミングでの放送というのは何ともタイミングが良すぎますよね(苦笑)

「ニコはちライブ」での些細な冗談が、こんなに現実味を持って感じられる日が来るとは思いませんでした。
それだけ今回のマナミーゼの卒業発表が急で、そして衝撃的だったということですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック