FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
爆笑レッドカーペット
imada01.jpg

今回は12月17日に放送された、爆笑レッドカーペットについて書きたいと思います。今回の爆笑レッドカーペットは第5回目の放送で、今大会の出場芸人達は、アントキの猪木、永井祐一郎、カナリア、なかやまきんに君、狩野英孝、なだぎ武、キャン×キャン、にしおかすみこ、くまだまさし、2丁拳銃、クールポコ、NON STYLE、こばやしけん太、ハイキングウォーキング、こまつ、バカリズム、ザブングル、はんにゃ、しずる、髭男爵、ジャルジャル、ピース、ジョイマン、藤崎マーケット、ストリーク、FUJIWARA、スマイル、ブラックマヨネーズ、世界のナベアツ、フルーツポンチ、チーモンチョーチュウ、マシンガンズ、超新塾、ムーディ勝山、チョコレートプラネット、モエヤン、T・K・O、ヤポンスキー、トップリード、我が家、鳥居みゆき、ハイキングウォーキング×くまだまさし(ブルマパーティ)という実に爆笑レッドカーペットらしい濃い面々がそろいました。フルーツポンチのコントは実に今回もうざかったです。ジョイマンの不思議なラップをテレビで見たのはぐるナイ以来でしたが、またこの微妙なラップのリズムに笑ってしまいました。鳥居みゆきは恐ろしくほどの魅力を存分に発揮していました。髭男爵のときにはリズム感のよさと言葉の面白さに笑いが止まりませんでした。ハイキングウォーキングは突っ込みの絶妙さとMr.スズキックスのバカバカしさが最高でしたが、ハイキングウォーキング×くまだまさし出のコラボコンビであるブルマパーティになってからは、そのくだらなさに拍車がかかりました。今回のレッドカーペット賞は世界のナベアツが獲得しました、世界のナベアツはその3と3の倍数の数字のときに馬鹿になるという、とんでもない芸を披露し納得の獲得になりました。それにしても爆笑レッドカーペットはいつ見てもクオリティーが高いですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック