FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯961 策士・菊地亜美のずる賢さ
アニカンRヤンヤン!!  Vol.4(CDジャーナル2013年02月号別冊)アニカンRヤンヤン!! Vol.4(CDジャーナル2013年02月号別冊)
(2013/01/23)
不明

商品詳細を見る

今回は、♯961の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「アイドルが絶対注文したくない料理店」でした。

「アイドルが絶対注文したくない料理店」とは、
味は最高だけれども
名前がアイドルなら口にしたくない恥ずかしいメニュー名の料理ばかりが登場し、
ミニゲームで敗れたメンバー1人が
その恥ずかしいメニュー名を叫ぶことで全員で料理を食べることが出来るようになる、という企画です。


今回登場した「アイドルが絶対注文したくない料理」は以下の通りです。

「きんかんたまたま」

「マンデルチーゲル」

「おさすり」

「きんかんたまたま2つをおさすりで」


メニュー名を叫ぶメンバー1人を決めるために行なったミニゲームというのは、
その場にめくられている1枚のトランプの数字よりも
次にめくるトランプの数字の方が高いのか、低いのか、同じか、を当てるという内容のゲームです。

このようにトランプを使ったミニゲームということで、
以前にも登場したAD植松さんが扮するハットマンがトランプをめくる役目で登場していました。
それらしい格好をしていますから実力があるように見えがちですが、
実際にトランプをめくる役目をやり始めてすぐにミスをするという、植松さんらしさを見せていました(笑)


このような単純な内容のミニゲームですが、ある意味でこのゲームは心理戦という側面も持っていました。

そんな心理戦の側面をよく表していたのが、
菊地亜美(あみみ)が他のメンバーに心理的な圧力をかけた場面です。
あみみは、他のメンバーがやっているときに「きっと同じだよ」とアドバイスすることで、
他のメンバーの解答を、答えになる可能性の低い「同じ」にしようとしていました。
そんなあみみのずる賢い策略に、まんまと外岡えりか(とんちゃん)は引っ掛かっていましたね(笑)

様々なバラエティーに出演してきたあみみですが、やはりそういったバラエティーでの経験は侮れませんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック