FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
電子戦隊デンジマン
20071223112657.jpg

今回は電子戦隊デンジマンについて書きたいと思います。電子戦隊デンジマンは1980年(昭和55年)2月3日から1981年(昭和56年)1月31日までANN系列で放送された「スーパー戦隊シリーズ」第4作です。前作「バトルフィーバーJ」に続きマーベル・コミック・グループ提携で制作されましたが、マーベル色はヘドリアン女王の衣裳デザインにその名残を残す程度に抑えらました。

内容
3000年前にデンジ星を滅ぼした異次元人で悪の一族・ベーダー一族が地球に襲来し、ベーダー一族は地球総ヘドロ化を企む。しかし、デンジ星人の生き残りはベーダーに立ち向かうために、科学力を結集して作った巨大宇宙船「デンジランド」をすでに地球に送り込んでいた。ベーダーの侵攻をキャッチしたデンジランドはシステムが起動し、目覚めたデンジ星の生き残り・ロボット犬アイシーは地球に移住したデンジ星人の末裔である5人の若者を選び出して、電子戦隊デンジマンを結成した。デンジマンは地球を守る為にベーダー一族との戦いに挑んでいく。

20071223112708.jpg

主題歌
主題歌はオープニングの印象的なシンセパートのイントロを当時YMOのシンセサイザーオペレーターとして活躍していた松武秀樹が担当しました。

オープニングhttp://jp.youtube.com/watch?v=bqy5pjH24F0

エンディング youtubeにはありませんでした。


電子戦隊デンジマンは「スーパー戦隊シリーズ」のイメージがある程度定着したといわれており、「スーパー戦隊シリーズ」のなかでも重要な意味を持つ一方でストーリーはSF色が強く打ち出されており、初期編では一般人が残酷に殺されたりなど怪奇色も強かった作品でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック