FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
M-1グランプリ
simada.jpg

今回は12月23日に放送された、M-1グランプリについて書きたいと思います。今回でM-1グランプリは第7回目でした、過去の優勝者たちはいずれも大活躍ですが、今年の優勝者には驚きでした。今回の決勝進出者は笑い飯 、POISON GIRL BAND 、ザブングル、千鳥 、トータルテンボス、キングコング、ハリセンボン、ダイアン、サンドウィッチマン (ワイルドカード)の9組が決勝の舞台でぶつかり合って、最終決戦にはトータルテンボス、キングコング、サンドウィッチマンが進出しました。トータルテンボスは旅行代理店の店員と客というネタ、キングコングははお天気リポーターの台風中継のネタ、サンドウィッチマンはピザの配達に客が怒るというネタを披露しました。正直自分としてはキングコングのネタは西野のつっこみに聞きづらいところがあり、そこは残念な面がありました。トータルテンボスはなかなか勢いと喋りがうまく織り交ぜられ高いレベルのネタでした。サンドウィッチマンはしゃべりの技術の巧みさがあり、技ありのネタでした。結果は紳助、松本、上沼、オール巨人がサンドウィッチマン、トータルテンボスはラサールとカウス、キングコングは大竹まこと、という混戦の末にサンドウィッチマンが初の敗者復活からの優勝を決めました。今回は大会のレベルとしては前回大会を上回ったんではないかと自分は思いました、それくらいレベルが高い大会でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック