FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』 岡崎琢磨
珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


今回は、
岡崎琢磨著『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』について
感想などを書いていきたいと思います。


内容
京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。

恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たすことになる。

長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。

美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。

そんな美星に心を奪われていく主人公だったが、美星には秘められた過去があり・・・。


感想
『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』は、
第10回『このミステリーがすごい!』大賞最終候補作になり惜しくも大賞は逃したものの、
「隠し玉」として賞を貰い、その後、全面的に手を入れ直して出版された1冊です。

自分がそんな1冊を手に取ったのは、この本が売れ始め、世間的に話題になり始めてからでした。

現在までに80万部以上を売り上げたこの本は、
本が売れないと騒がれる昨今において、間違いなく大ヒット作品であるということができます。

そんな大ヒット作品ということもあり、かなり期待も込めつつ読んだんですが、
序盤はミステリーのネタも弱く、「期待したほどではないかな?」というような思いがありました。

しかし、読み進めるごとにキャラクターの輪郭、
そして人物の過去がよりクッキリなってきて、なるほど「面白い!」となってきたのです。

こういったキャラクター造形の豊かさは、間違いなくこの作品の魅力の一つでしょう。

そんなキャラクターたちは、
第2弾の「珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る」が発売されたことにより、
どうやらシリーズとしてこれからも忙しく動き回ることになりそうです。

この作品のキャラクターたちがどのような活躍をしていくのか、末永く見守っていきたいですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック