FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
忍者戦隊カクレンジャー
kakuren01.jpg

今回は忍者戦隊カクレンジャーについて書きたいと思います。忍者戦隊カクレンジャーは1994年(平成6年)2月18日から1995年(平成7年)2月24日までテレビ朝日系列で放送された「スーパー戦隊シリーズ」第18作です。

内容
戦国時代、忍者たちは妖怪たちと激しい戦いを繰り広げていた。戦いの末、猿飛佐助をはじめとする5人の忍者たちが、妖怪総大将ヌラリヒョンと妖怪たちのエネルギーを、無敵将軍ら三神将より与えられた「封印の扉」の中に閉じ込めることに成功した。それから400年が経ち。エネルギーを失って人間社会に溶け込んでいた妖怪たちの一人・カッパは、猿飛佐助の子孫・サスケと霧隠才蔵の子孫・サイゾウを騙して、東京湾にあった「封印の扉」を開けさせてしまった。先祖代々封印の扉を見守ってきた家系の少女・鶴姫はこれを知り、封印を解いてしまったサスケとサイゾウ、三好晴海入道の子孫・セイカイ、そしてアメリカからやってきた児雷也の子孫・ジライヤの4人とともに、400年前の先祖と同様に妖怪封印を行うことになる。クレープ屋を営みながら、妖怪封印の旅を続ける5人。しかしてんでんばらばらで動いていたはずの妖怪たちの裏から、邪悪なる存在が現れ、彼らは苦しい戦いを強いられるようになっていくのだった。

kakuren02.jpg

主題歌
主題歌は「忍者」という和の要素を持つ戦隊ということで、オープニング、エンディング共に和楽器を取り入れている。オープニングはヒーローを観る一般人の目線から書かれた詞が特徴的、しかも「ヒーローの姿が実際に目撃されているのはほんの一瞬」という極めてシュールな内容です。

オープニングhttp://jp.youtube.com/watch?v=BkFR0XS1IdY

エンディングhttp://jp.youtube.com/watch?v=nawP6aH_TMc


カクレンジャーはレッドがリーダーの座を他の色の戦士に譲った初の作品でもあり、リーダーは忍者の総領であるホワイト=鶴姫となっていたということもあり、シリーズ初の新たな挑戦をした意欲的な作品でもありました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック