cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
強力なカンフル剤―宮本慎也氏がヤクルトのヘッドコーチ就任へ
ヤクルトがOBである宮本慎也氏にヘッドコーチ就任を要請していることが分かりました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「チーム再建へ、名手がついに帰ってくる。
ヤクルトが5日、OBで現役通算2133安打の宮本慎也氏(46=日刊スポーツ評論家)に
ヘッドコーチ就任を要請したことが分かった。
宮本氏は前向きに考えており、受諾の方向だ。
この日、球団は来季監督に小川淳司シニアディレクター(SD、60)の再登板を発表。
球団最悪の年間96敗を喫した今季から、小川-宮本体制で巻き返しを図る。

今のヤクルトには、なんとしても必要な人だった。
新監督の発表会見から間髪を入れずに、球団は宮本氏に来季の1軍ヘッドコーチ就任を要請した。
宮本氏は「今日、要請されました。前向きに考えたいと思います」と話した。
13年に引退後、厳しくも愛情たっぷりにチームを見てきた男に、再建が託される。

宮本氏は長らくヤクルトの中心選手として活躍。
守備の名手としてゴールデングラブ賞を遊撃手で6回、三塁手で4回獲得し、
01年にはシーズン67犠打の日本記録を樹立するなど献身的なプレーでチームに貢献した。
また41歳で現役通算2133安打を達成。
妥協を許さず、ベテランになっても練習を重ねて若手の手本となり続けた。

野球に向かう真摯(しんし)な姿勢で人望が厚く、
04年アテネ五輪、08年北京五輪代表ではそれぞれ主将を務め、
05年には12球団の選手会会長に就任。
球界のキャプテンとして野球界を引っ張ってきた。
ヤクルト内でもオフに山田、川端らを引き連れ愛媛・松山で自主トレを実施。
「宮本塾」と称され、若手に技術を伝え続けていた。

ヤクルトは今季球団史上最悪の年間96敗を記録するなど、低迷。
7月には47年ぶりの14連敗を喫し、若手、ベテランとともに戦う姿勢を見せられなかった。
この日、小川SDの監督復帰が発表され、
来季は育成を中心とした立て直しを図ると衣笠剛球団社長兼オーナー代行(68)が明言。
現役時代から厳しい練習を積み重ねてきた宮本氏の1軍ヘッドコーチ就任は、
チームの大きな起爆剤となる。

現役最終年には選手兼任コーチとして指導を行っており、
若手への助言や育成についての経験もある。
選手もファンも待ちわびた復帰が、実現しそうだ。」


宮本氏は自分にも他人にも妥協を許さない大変厳しい人です。

今季の成績が球団史上最悪だったヤクルトにとってはコーチに最適任の人だと言えます。

宮本氏が強力なカンフル剤となれるのか注目です。




スラッガーの悲しみ―日本ハム・レアードのいとこがラスベガス銃乱射事件で死亡
日本ハムのレアード選手のいとこがラスベガス銃乱射事件で死亡していたことが分かりました。

これに伴い、レアード選手は米国に帰国します。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本ハムのブランドン・レアード内野手(30)が、
いとこのクリスティーナ・ドゥアルテさん(22)が
米ネバダ州ラスベガスで1日(日本時間2日)に起きた銃乱射事件に巻き込まれて亡くなったため、
あす4日、米国へ帰国することになった。

事件は、1日午後10時(日本時間2日午後2時)ごろ、
男が高級ホテル「マンダレイベイ」の32階から
道路を隔てた駐車場で行われていた屋外コンサート会場に向けて銃を乱射。
少なくとも59人が死亡、527人以上が負傷した。
スティーブン・パドック容疑者(64)はホテル内で自殺し、
宿泊していた部屋や自宅からは銃や爆発物を含む大量の武器が見つかった。
地元紙によればクリスティーナさんはアリゾナ大を卒業したばかりで、
兄のガールフレンドとコンサート会場を訪れていた。
当初は安否が分からず、
家族や友人らがSNSなどを通じて情報を求めていたが、死亡が確認。
レアードの元には3日早朝に連絡があったという。
レアードはこの日札幌ドームを訪れたが、試合前に帰宅。
出場選手登録を抹消された。

レアードは15年から日本ハムでプレーし、
昨季は39本塁打でタイトルを獲得するなど勝負強い打撃でリーグ優勝と日本一に貢献。
今季はここまで137試合に出場して打率・229、115安打、32本塁打、90打点の成績で、
ソフトバンクのデスパイネ(35本)、柳田(31本)、
楽天のウィーラー(31本)らと本塁打王を争っていた。」


あまりにも凄惨な事件でした。

今やパリーグを代表するスラッガーとなったレアード選手の悲しみがいかほどか計ることは出来ませんが、
とてつもない悲しみであることは間違いありません。

幸いにというべきか、日本ハムはクライマックスシリーズには進出していませんので、
気兼ねなくいとこにお別れをしてきてほしいと思います。




ダークホースがスターダムに―KOC準優勝のにゃんこスターがワタナベ入り
10月1日、『キングオブコント2017』が生放送され、かまいたちが優勝しました。

優勝したかまいたち以上に今大会で注目を集めたのが、準優勝したにゃんこスターです。

出場時点で芸能事務所に所属していなかったにゃんこスターですが、
このたびワタナベエンターテインメントに所属することが決定したそうです。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「きのう1日放送の『キングオブコント2017』で
結成5ヶ月にして準優勝を果たしたお笑いコンビ・にゃんこスターが、
快挙から一夜明けた2日、芸能事務所大手ワタナベエンターテインメントに所属することが決定した。

2人は芸歴3年目のアンゴラ村長(23)と、芸歴15年目のスーパー3助(34)により、
今年5月に結成されたばかりの男女コンビ。
今回はフリーで出場していた。

決勝1回戦では、「リズムなわとびの発表会」という異色の設定から、
最後にはコンビ名を紹介して締めるという斬新すぎる芸風で審査員・観客が騒然。
みごと首位通過で迎えた2回戦では
再び同じ設定の「リズムフラフープの発表会」というネタで追い打ちをかけ、
視聴者に大きなインパクトを残した。

下馬評を覆し準優勝したことで今後の動向にも注目が集まっていたが、
ブルゾンちえみ、平野ノラら旬の芸人から、加藤一二三九段、林修氏ら文化人まで
多くの人気タレントを抱えるワタナベエンタへの所属が決まった。

【にゃんこスター コメント】
キングオブコントを観てくださりありがとうございました。
惜しくも準優勝でしたがとても楽しく出来ました!
本日よりワタナベエンターテインメントにお世話になります。
これからも2人で新しい笑いをどんどん届けていきたいと思っています。
よろしくお願いします。」


決勝1回戦でのネタ披露の衝撃は凄まじいものでした。

衝撃度だけでいえば今大会イチであったことは間違いありません。

優勝したかまいたちには当然のように注目しなければなりませんが、
それ以上ににゃんこスターの今後の活躍に注目が集まります。




「働き方」は変わるのか?―新国立工事で違法残業で37社に是正勧告
新国立競技場建設工事に従事していた東京都内の建設会社の男性社員が自殺した問題で、
新宿労働基準監督署が同社に対して是正勧告をしたことが分かりました。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムになる新国立競技場建設工事に従事していた
東京都内の建設会社の男性社員=当時(23)=が自殺し、遺族が労災申請した問題で、
男性を含む複数の従業員に違法な長時間労働をさせていたとして、
新宿労働基準監督署(東京)が同社に対し是正勧告していたことが29日、分かった。

厚生労働省は同日、競技場の建設工事に関わる約760社を調査した結果、
同社を含む37社で違法な時間外労働が確認され、是正勧告したと明らかにした。

37社のうち時間外・休日労働が1カ月で80時間を超えた従業員がいたのが18社、
150時間超も3社あった。
厚労省は元請けの大成建設に従業員の労働時間を適切に把握するよう行政指導した。

遺族側弁護士によると、自殺した男性は昨年4月に入社し、
12月から工事の現場監督になったが、今年3月に失踪し、4月に長野県内で遺体で発見された。
失踪前1カ月では212時間の残業が確認されていた。
計画の見直しによる工期の遅れを取り戻すため、
精神的に追い詰められていた可能性があるという。

遺族は「過重労働が原因で鬱病などの精神疾患になり自殺した」とし、
7月に労基署に労災申請した。
労基署が男性の自殺が「業務上の死亡」に当たるかどうか調べている。

勧告を受けた建設会社は
「今回のことを真摯(しんし)に受け止め、
こうしたことが二度と起きないように対策を講じていく」とコメントした。」


「働き方改革」が叫ばれる昨今において、
このようなことは起こってはならないことでしょうし、
ましてや世界的大イベントの裏でこういった事は絶対に起こってはなりません。

これが一つの契機になって、真の「働き方改革」が進められることが望まれます。




積み重ねてきた記録―プロ野球通算10万号をオリックス・マレーロが放つ
9月29日、オリックスのマレーロ選手がホームランを放ち、
これがプロ野球の本塁打通算10万号となりました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「第1号から81年

プロ野球の本塁打通算10万号はオリックス・マレーロ! 
マレーロは2点リードの6回2死一塁で、ロッテ・成田から左翼席へ19号2ランを放った。
マレーロにはNPBから賞金100万円が贈られる。

マレーロは今年6月9日の中日戦(京セラドーム大阪)で、
5回無死一塁では中堅左へ逆転2ランを運んだ。
ところが、本塁を踏み忘れるミス(記録は三塁打)で来日初本塁打が幻となっていた。
結果的にこの幻の一発が、マレーロに節目の一発を呼び込むこととなった。

残り4本で迎えたこの日、
楽天のアマダーが2回1死に日本ハム・堀から23号ソロを放つと、DeNA・戸柱が4回1死で9号3ラン。
さらにオリックス・T―岡田が5回1死一塁で成田から30号2ランで残り1本となった。

プロ野球の第1号は、
1936年5月4日に大阪タイガース(現阪神)の藤井勇がセネタース戦(甲子園)で放っている。

チーム別通算本塁打数 巨人で1万号出たばかり

巨人=10002
西武=8785
中日=8573
ソフトバンク=8431
オリックス=8241
広島=8103
阪神=7844
日本ハム=7823
ヤクルト=7679
ロッテ=7572
DeNA=7505
楽天=1161
その他=8281
(10万号が出た時点での数字。前身球団の数字も含む)
.
個人通算本塁打上位20人

(1)王貞治=868
(2)野村克也=657
(3)門田博光=567
(4)山本浩二=536
(5)清原和博=525
(6)落合博満=510
(7)張本勲=504
(7)衣笠祥雄=504
(9)大杉勝男=486
(10)金本知憲=476
(11)田淵幸一=474
(12)土井正博=465
(13)ローズ=464
(14)長嶋茂雄=444
(15)秋山幸二=437
(16)小久保裕紀=413
(17)中村紀洋=404
(18)山崎武司=403
(19)山内一弘=396
(20)阿部慎之助=388※現役

プロ野球の記念ホームラン

1号 藤井勇(タイガース)1936年5月4日=セネタース戦(甲子園)
5000号 千頭久米夫(西鉄)1951年9月23日=阪急戦(後楽園)
10000号 渡辺清(阪急)1957年7月19日=近鉄戦(大阪)
15000号 河野旭輝(中日)1962年8月16日=巨人戦(後楽園)
20000号 井石礼司(東京)1966年7月6日=近鉄戦(東京)
25000号 高木守道(中日)1969年10月11日=広島戦(中日)
30000号 基満男(太平洋)1973年5月20日=近鉄戦(平和台)
35000号 池辺巌(阪神)1976年7月23日=中日戦(ナゴヤ)
40000号 ウイリアムス(阪急)1979年6月28日=ロッテ戦(西宮)
45000号 山本浩二(広島)1982年5月15日=大洋戦(広島)
50000号 仲根正裕(近鉄)1985年4月23日=南海戦(藤井寺)
55000号 駒田徳広(巨人)1987年9月7日=大洋戦(横浜)
60000号 広永益隆(ダイエー)1990年9月26日=オリックス戦(西宮)
65000号 谷繁元信(横浜)1994年6月19日=阪神戦(甲子園)
70000号 駒田徳広(横浜)1997年9月9日=巨人戦(東京ドーム)
75000号 ボーリック(ロッテ)2001年4月20日=近鉄戦(千葉マリン)
80000号 ペタジーニ(巨人)2003年9月14日=ヤクルト戦(東京ドーム)
85000号 フェルナンデス(楽天)2006年8月11日=西武戦(インボイス)
90000号 ブラウン(西武)2010年4月4日=日本ハム戦(札幌ドーム)
95000号 松田宣浩(ソフトバンク)2014年5月13日=ロッテ戦(QVCマリン)
100000号 マレーロ(オリックス)2017年9月29日=ロッテ戦(ZOZOマリン)」


第1号から81年で達成されたこの記録は、本当に大変な記録です。

20万号が達成する頃に日本のプロ野球がどうなっているのか、
今は想像だにできませんが、
今のように日本国中から注目を集める存在であり続けていてほしいですね。