cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
不振からの脱却―ノンコノユメがフェブラリーステークスを制覇
2月18日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、4番人気のノンコノユメが勝利しました。

ノンコノユメにとってはこれがJRA・G1初制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ダート王決定戦「第35回フェブラリーS」(G1、ダート1600メートル)が18日、
東京競馬場11Rで行われ、
内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(せ6=加藤征厩舎)が優勝。
去勢後の不振から脱却し、
連勝でJRA・G1初制覇となった。

ハイペースの中、後方から競馬を進めたノンコノユメ。
鞍上の内田は
「作戦通り。
有力馬が前にいたのでそれを見ながら。
末脚はいいので、必ずいいところに来ると思っていた」と
充実した表情でレース展開を振り返った。

ノンコノユメは3歳時にジャパンダートダービーを制したが、
古馬になってからは勝ち星に恵まれなかった。
さらに去勢後は上位争いにすら食い込めず悔しいレースが続いていた。
前走の根岸Sで久々の勝利を挙げ、これで連勝。
完全復活を印象付け、
「結果が出ない悔しい思いを晴らすような走りだった。
騎手冥利に尽きます」と内田は満面の笑み。
「また大きいところを狙ってほしいと思います」と今後についても大きな期待を寄せた。」


ノンコノユメは4歳の時に去勢をして騸馬(セン馬)となった後、
しばらく不振が続き、勝利から遠ざかっていました。

そんな不振を抜け出すきっかけとなったのが前走G3「根岸ステークス」でした。

このレースをレコードタイムで勝った勢いそのままに、今回のレースも勝利したわけです。

この勢いはしばらく止まらないんじゃないでしょうか。





王者の帰還―羽生結弦 金メダルで66年ぶりの五輪連覇
2月17日、平昌オリンピックの男子フィギュアのフリーが行われ、
羽生結弦選手がソチオリンピックに続いての金メダルを獲得しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇平昌冬季五輪 
フィギュアスケート男子フリー(2018年2月17日 韓国・江陵アイスアリーナ)

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、
ソチ五輪・金メダルの羽生結弦(23=ANA)が206・17点をマーク。
前日のショートプログラム(SP)111・68点と合わせ、計317・85点で金メダルを獲得。
五輪男子66年ぶりの2連覇を達成した。
これが日本の今大会金メダル第1号。
宇野昌磨(20=トヨタ自動車)も計306・90点で銀メダルを獲得し、
日本フィギュア史上初のワンツー表彰台となった。

昨年11月のNHK杯の公式練習中に右足首を負傷し、
今大会が同10月のロシア杯以来約4カ月ぶりの実戦復帰となった羽生。
SPでは3つのジャンプをしっかり着氷し、
自己の持つ世界歴代最高112・72点に迫る111・68点をマークし首位発進。

フリーでも冒頭の4回転サルコーを見事に着氷し、前半は危なげなくジャンプを決めた。
ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半の4回転トーループでは
大きくバランスを崩したが転倒せず。
最後のジャンプとなった3回転ルッツでも前のめりとなったが、
きっちりと滑り切って206・17点をマーク。
合計317・85点で優勝した。

自己ベストに肉薄する104・17点をマークしSP3位だった宇野は、
フリーで冒頭の4回転ループで転倒したものの執念で立て直し202・73点。
合計306・90点で、
SP2位の元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン=26)をわずか1・66点上回り、
銀メダルを獲得した。
銅メダルはフェルナンデス。

五輪初出場の田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)は
SP80・05点、フリー164・78点をマークして、合計244・83点。
フリーでは五輪ではまだ1度も決まっていなかった4回転サルコ―は
冒頭で見事に着氷し、意地を見せ、18位だった。」


本当に出来過ぎの展開です。

漫画の主人公だってこんなに上手くはいきません。

そんなあり得ないことを、現実にやってのけてしまうというのですから驚きです。

絶対王者の五輪の舞台への帰還は必然の事であり、
金メダル獲得はなるべくしてなったことだったと言えます。





お楽しみの始まり―『クソ野郎と美しき世界』の撮影がクランクイン
2月14日、
SMAPの元メンバー3人(草彅・稲垣・香取)が主演する
映画『クソ野郎と美しき世界』の撮影がクランクインしました。

このクランクイン初日には、
草彅剛さんと映画に出演する尾野真千子さん、
そして監督と脚本を務める爆笑問題の太田光さんの3人による会見も行われました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「元SMAPの草なぎ剛(43)、女優の尾野真千子(36)、
お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(52)が
オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日から2週間限定公開)の
クランクイン初日に報道陣の取材に応じた。

映画「クソ野郎と美しき世界」は4つのエピソードに分かれたオムニバス形式で、
草なぎは爆笑・太田が監督と脚本を担当したエピソード「光へ、航る」で主演。
撮影は14日に埼玉県内でクランクインした。

物語は草なぎ演じる夫「オサム」と尾野演じる妻「裕子」が、
事故で亡くした息子「航」の「右手」を探す旅に出かけるというストーリー概要だが、
全容は明らかになっておらず、謎を残す。

囲み会見では太田監督が大はしゃぎ。
フォトセッションでは“芸人・太田光”の表情で、
次々と芸人ポーズを決めて「芸人だからつい面白いポーズをしちゃう」と頭をかいた。
脚本完成には紆余曲折もあったそうで「飯島(I女史)と相当もめた。飯島を呼べ!」と、
会見場にいる飯島元SMAPマネジャーをイジる暴走ぶり。
爆笑をさらった。

ジョークを連発した太田監督だが、作品のデキには自信を見せる。
初日から重要なシーンを撮影し
「2人が最高で1発目から名シーンが撮れました。
これからもいろいろと撮影があるが、成功は確信しています」ときっぱり。

草なぎも
「前から(香取)慎吾と(稲垣)吾郎ちゃんとは『映画やりたいね』と話していたんです。
それぞれがエピソードで主演し、最後のエピソードで3人が揃う。
ラストだけど、
またそこから前に進んでいくような気もする映画で完成が楽しみです」と期待を口にした。
続けて
「シナリオを見ても、やっぱり太田監督は天才だと思う。
起承転結もしっかりしているし、太田さんのブラックユーモアもひそかにちりばめられている。
慎吾も吾郎ちゃんも褒めていた」と大絶賛した。

尾野も
「オファーを受けた時、太田さんが脚本を書くということですぐに決めました。
台本も読んでなくて決めました」と明かした。

2人からのお褒めの言葉に太田監督も
「本当? やっぱりそうだよね」とニヤけ顔だった。」


製作が発表された当初から注目されているこの『クソ野郎と美しき世界』ですが、
爆笑問題の太田さんが監督と脚本を務めるという事で、
自分的には期待度が更に高まりましたね。

今から4月の公開が楽しみです。





『ハロ!ステ』 #257(MC:上國料萌衣)
『ハロ!ステ』の♯257が2月14日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、アンジュルムの上國料萌衣(かみこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'18「花が咲く 太陽浴びて」ハロ!ステEdit.

カントリー・ガールズ「書いては消しての“I Love You”」ハロ!ステEdit.

モーニング娘。20周年企画「思い出ディクショナリレー」(佐藤優樹)

定点観測ハロ!ステSTUDIO(こぶしファクトリー野村みな美・浜浦彩乃 自主練習)

アンジュルム「君だけじゃないさ...friends」(1/14中野サンプラザ)

アンジュルムからのお知らせ

MCトークコーナー

教えて!〇〇先生(こぶしファクトリー和田桜子・井上玲音)

ハロ!ステスタイリングLesson(こぶしファクトリー広瀬彩海)


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムから5月28日に日本武道館公演が行われることが決定したとお知らせがありました。

今回のアンジュルムの日本武道館公演は、
新メンバー(川村&船木)が加入してからは初めてとなる日本武道館公演です。

前回の日本武道館公演は会場を満員にできなかったこともあり、
アンジュルムメンバーはかなり悔しい思いあったことを明らかにしています。

今回の公演はその悔しさを晴らすための絶好の機会であります。

「十人十色」というツアータイトル通り、
アンジュルムの個性の豊かさを全面に出して会場を沸かせてほしいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

ハロプロファンに大人気のフィギュアスタンドキーホルダー(FSK)
フィギュアスタンドキーホルダー(FSK)というハロプロショップで販売されているアイテムのことを、
持っているまたは知っているというハロプロファンは多いと思います。

そして少し前から、
このアイテムをもってお出掛けし写真を撮るというのがファンの間でブームになっていたのですが、
このたび『デイリースポーツ』でこのことが取り上げられていました。


その『デイリースポーツ』に掲載された記事は以下の通りです。

「おでかけ先やランチにカフェ。
日常のちょっとしたイベントを彩る流行が、
モーニング娘。’18を筆頭に多くのアイドルグループが所属する
ハロー!プロジェクト(ハロプロ)ファンの間で続いている。

必要なアイテムはフィギュアスタンドキーホルダー(FSK)。
衣装や普段着をまとった各メンバーの身長1/20サイズが主流で、
付属のチェーンで携帯したり、台座を用いて立たせることができる。

FSKを風景や食事と一緒に収めた写真が、
ツイッターやインスタグラムに数多く投稿されている。
ハロプロ公式ショップ大阪店(大阪市浪速区日本橋)のスタッフは
「かわいいミニチュアで持ち歩きしやすく、
投稿が旅や食事の思い出になりますし、自分の“推しメン”をアピールして、
ファン同士で楽しむこともできるのでは」と話す。

きっかけは一つのツイートだった。
2016年8月25日、Juice=Juiceの宮崎由加が大阪でのイベント帰り、
移動車からの風景と自身のFSKが一緒になった写真を投稿。
これが他グループのメンバーやファンに広がった。

もともとFSKを使った投稿はあったが、
宮崎が用いたハッシュタグ「#ご飯ととるのがいいと聞きました」と、
ハロー!プロジェクトオフィシャルショップが同時期に設定した
「#FSKとおでかけ」が2大シンボルとなり、SNS上での交流が促進された。

売り上げは16年夏と17年夏の四半期を比べ約2倍増。
新作発売時は公式ショップに開店前から100人以上が行列をつくり、
入手困難な“品薄メンバー”が続出するようになった。
昨夏にはコンテストが行われ、今冬も実施中。
最近は、若い女性の購入が増えている。

一つのツイートが生んだ“特需”。
今年で誕生20周年を迎えるハロプロと同様に、まだまだ勢いは続きそうだ。」


記事にもあるように、
このブームが起きるキッカケを作ったのはJuice=Juiceの宮崎由加(ゆかにゃ)です。

「おでかけゆかにゃ」というフレーズがあるように、
ゆかにゃのファンが中心となってFSKとお出掛けをした写真を投稿し、
このブームが形成されていった事は間違いありません。

ゆかにゃとゆかにゃファン恐るべしです(笑)





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能