cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ファンの気持ちはどうなるのか―NMB・須藤凜々花が総選挙で結婚発表
6月17日にAKBの総選挙が行われ、その中でNMB48の須藤凜々花さんが結婚すると発表しました。

突然の発表にファンのみならずメンバーも驚いていましたが、
須藤さん本人は18日に那覇空港から帰京する際には報道陣に「後日話します」と話し、
未だ真相は語られていません。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「17日に行われたAKB48の第9回選抜総選挙の開票イベントで、
突然の結婚発表を行ったNMB48・須藤凜々花(20)が18日、那覇空港発の航空機で帰京した。

総選挙では20位に入った須藤はこの日、
17~32位の「アンダーガールズ」として、沖縄県内で行われた雑誌の写真撮影に参加。
同日夜に那覇空港に姿を見せると、
待ち構えた報道陣に対し
「また後日、自分の口で話します。よろしくお願いします」と頭を下げ、
質問には答えずに沖縄を後にした。
関係者によると、近日中に釈明会見を行う予定。

帰京時の須藤は、
胸に英語で「ちきしょう!」といった意味を表すスラング「DAMN」と書かれたグレーのTシャツを着用。
前日のイベント直後、元AKB48の大島優子(28)が、
インスタグラムのライブ放送で「F」で始まる4文字のスラングが書かれた帽子を用いて
「私のすべての言葉」と須藤に対して怒りをあらわにしていた。」


AKBにとって総選挙とは年に一回の晴れ舞台だと言えます。

その晴れ舞台でこのような発表をすることで、
メンバーやファンがどのように思うのかについて彼女はよく考えなかったんでしょうか?

そのような疑問を持ってしまうほど彼女の行動は軽々しいものに感じられます。

これはAKBではありませんが、
かつてグラビアアイドルとして活躍していたリア・ディゾンさんが突然の‟デキ婚”を発表した際、
「ポイしないでください」という発言をしていました。

あの時に自分が思ったのは、ポイされているのはファンの気持ちなんじゃないの?、ということでした。

もちろんその人自身の人生があるわけですから、
結婚する事、それを発表する事を否定はできないのですが、
自分を支えてくれているファンの気持ちを考えると、
須藤さんやリア・ディゾンさんのような行動をするということがどうも自分には信じられないのです。

きっとファンのほうが「ちきしょう!」と言いたいはずです。




あいつが帰って来る―ヴィッセル神戸がハーフナー・マイク獲得へ動き出す
ヴィッセル神戸がハーフナー・マイク選手の獲得を目指していることが分かりました。

もしこの移籍が実現した場合、
ハーフナー選手にとっては2011年シーズン以来のJリーグ復帰となります。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ヴィッセル神戸が今夏の補強として
元日本代表でオランダ1部デンハーグのFWハーフナー・マイク(30)の
獲得を目指していることが16日、分かった。

補強リストの最上位に置き、既に調査済み。
得点力不足を解消するため、
昨季オランダリーグ28試合9得点の長身194センチFWに白羽の矢が立った。
7月6日には元ドイツ代表FWポドルスキが来日し、今夏から新2トップとなる可能性が出てきた。

◆ハーフナー・マイク 
1987年(昭62)5月20日、広島県生まれ。
06年横浜ユースからトップ昇格。
福岡、鳥栖、甲府を経て11-12年シーズンにフィテッセ(オランダ)へ移籍。
コルドバ(スペイン)HJKヘルシンキ(フィンランド)と渡り歩き、
15-16年シーズンからデンハーグへ。
16-17年シーズンは28試合9得点。
国際Aマッチ18試合4得点。
194センチ、86キロ。」


神戸はポドルスキ選手の加入も決まっているだけに、
ここでハーフナー選手が獲得できれば、
十分過ぎるほどの攻撃陣の強化を実現することが出来ます。

リーグ後半戦に向けて神戸が台風の目になってくるかもしれません。




つばきファクトリー・浅倉樹々が腰椎椎間板ヘルニアで休養
6月16日、つばきファクトリーの浅倉樹々(樹々ちゃん)が
腰椎椎間板ヘルニアのため活動を休養することを発表しました。

ひとまずは6月30日まで休養するとのことです。


公式サイトに掲載された文章は以下の通りです。

「いつもつばきファクトリーを応援していただき、ありがとうございます。
体調不良により休養しておりました、メンバーの浅倉樹々ですが、
整形外科を受診し『腰椎椎間板ヘルニア』と診断されました。
休養が必要との医師の診断により、
ひとまず6月30日まで、活動をお休みさせていただきます。

その後に関しては経過をみつつ、
医師の診断を仰ぎながら活動の範囲含めて検討していきます。

皆様にはご迷惑ご心配をお掛けし誠に申し訳ございません。
何卒ご理解を頂きますよう、宜しくお願い致します。」


最近のイベント等を休んでいた樹々ちゃんですが、ようやく詳しい病名などが明らかにされました。

直近のハロプロでは、
このような形で休んでいたメンバーがそのまま卒業してしまうというケースがあったため、
ファンの間では樹々ちゃんの去就を心配する声があがっていました。

もちろん良い報せではないものの、とりあえずは安心したというファンも多いんじゃないかと思います。

はっきり言って今のハロプロは変化が激しすぎます。

何だか心が追いついていきません。

もちろん変わることがダメなわけではないのですが、
変わらない事、今まで居たメンバーが卒業しないという事に安心してしまう自分がいます。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #223(MC:広瀬彩海&小野田紗栞)
『ハロ!ステ』の♯223が6月14日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
こぶしファクトリーの広瀬彩海(あやぱん)と、つばきファクトリーの小野田紗栞(さおりん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

アンジュルム「魔女っ子メグちゃん」(ハロ!ステEdit)

DOHPのコーナー(ハロプロ研修生発表会リハーサル)

こぶしファクトリー「シャララ!やれるはずさ」MVメイキング映像

ハロプロ研修生紹介ムービー(児玉咲子)

My Favorite MusicVideoコーナー(こぶしファクトリー小川麗奈)

Q&Aコーナー

℃-uteラストコンサート(さいたまスーパーアリーナ)


今回の『ハロ!ステ』では、℃-uteのラストコンサートの模様が流されていました。

会場入りから本番そしてライブ終了後の舞台裏まで、
かなりの時間を割いてラストコンサートのことが取り上げられていました。

℃-uteにとって夢の舞台でもあったさいたまスーパーアリーナでのコンサート、
そのコンサートが℃-uteにとって最後のステージになる、
こんなドラマチックなことがあるでしょうか。

9時10分に、まるでシンデレラの魔法が解けるように、℃-uteの歴史が終わった時、
メンバー全員が大粒の涙を流しながら充足感に満ちた笑顔を浮かべていました。

ライブが終わった後、℃-uteが後輩メンバーに言葉をかける模様も流されていましたが、
それはハロプロの一つの歴史が終わり、新たなるハロプロの歴史がスタートした瞬間でした。

バトンを受け継いだ後輩たちは責任重大ですが、きっとしっかりとやってくれるはずです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

使用上の注意はよく守って―インパルス堤下が睡眠薬服用の上での運転で事情聴取
お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さんが、
睡眠薬を飲んで車の運転をしたとして、警視庁から事情聴取を受けていたことが分かりました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「睡眠薬を飲んで車の運転をしたとして、
警視庁から事情聴取を受けていたことが報じられているお笑いコンビ・インパルスの堤下敦(39)が
14日夕方、都内で会見を行った。
一連の経緯を説明し「大変申し訳ありませんでした」と謝罪した堤下は、
今後の芸能活動は「皆様にご迷惑にならない程度にやらせていただけたら」と報告した。

検証のため警察にドライブレコーダーのメモリースティックを渡し、
後日、堤下が同行する形の現場検証を行う。
堤下は「刑事罰等は言われていない」といい、吉本側も解雇、休養の可能性を否定。
現状、スケジュールにある仕事は予定通り行う。
相方・板倉俊之には、まだ連絡をしていないといい
「起こったことは知っていると思う。
この会見が終わったら電話します」と申し訳なさそうに語った。

各社報道によると14日午前2時30分前、東京・狛江市東和泉の路上で、
堤下が運転する車が、反対車線側にはみ出し道路の中央部分で停車しているのを、
近くを通りかかったタクシー運転手が見つけ通報。
警察官が駆けつけた際、堤下はもうろうとした状態で、
ハンドルに顔を伏せ「睡眠薬を飲んだ」と話したため、警視庁は堤下から事情を聞いていた。

堤下は、運転前に睡眠導入とアレルギー抑制の服用薬3種の服用を認めた。
14日午前0時30分から1時の間、自宅付近の銭湯で入浴後に牛乳と一緒に薬を口にした。
今回が初めて服用で
「銭湯から自宅まで10分かからない場所。
薬が作用するまで多少すると(情報を)目にしたので飲んでしまった」。
医師からは運転前の服用を控えるよう指導を受けていたという。

続けて
「今回、こういうことを起こしてしまいたくさんの皆さん、
家族、相方、会社の人に迷惑をかけてしまった。
僕以外のものを傷つけなかったのが不幸中の幸いでした。
もちろん反省はたくさんしています。
二度とこういう事故を起こさないようにします。
全て僕の責任、認識不足、認識の甘さでした」と話し、再び頭を下げた。」


薬というのは使用上の注意を守らなければ非常に記念なものになりかねません。

「毒にも薬にも」とはよく言ったもので、
薬が思わぬ悪影響を及ぼすなんてことも無くはないのです。

近々ではタイガー・ウッズのこともあっただけに、この機会に多くの人たちが
薬の正しい服用、そして使用上の注意をしっかり守ることが大切だと改めて認識する必要があるでしょう。